Menu Content/Inhalt
Home arrow KSL ニュースレター arrow 一重項酸素発生試薬 エンドパーオキサイド(EP)

フォントサイズ変更

A+ | A- | Reset
一重項酸素発生試薬 エンドパーオキサイド(EP) プリント
KSL news letter
~一重項酸素発生試薬 エンドパーオキサイド(EP) 発売開始!~

エンドパーオキサイド 試薬(EP)
純度(90%以上)

KSL-EP01S-01 50mg

製造元:京都スピンラボ(株) 販売:ワケンビーテック(株)

製品情報はこちら

 

EPは1-メチル,4-プロピオニル-ナフタレンの1,4位にペルオキソが架橋した構造を有し、水-アルコール系混合溶媒に可溶であり、熱分解によって一重項酸素(1O2)を放出してナフタレン体に戻ります。EPは、生体関連物質、食品成分等の一重項酸素消去活性を評価するための試薬として、多用されています。熱的に不安定なために精製が難しい試薬でした。

このたびKSLは高純度EPを合成しましたので、供給いたします。

詳細につきましては、お問い合わせフォームよりお早めにお問い合わせください。


EP(赤線)から前駆体(青線)の光吸収スペクトル(エタノール溶液)
モル吸光係数から、EPの純度は96%と評価した。